積もり積もった

DVC00256.jpg
古本を買ったり
卒論で本を借りまくり、なので
読んでない本が積もり始めて
ただ今《学んだつもり》状態です。
しかし、積んでみると脳内状況がよくわかるなあ。
卒論で寺山をやるから寺山が多いのはわかるが
どうしてかしら?
太田省吾著書もチラホラ目立つ。
あと例の筒井康隆著書のおかげで短篇ばかりを買っているから短篇ものが目立つ。
『三田文学短篇選』のは安岡章太郎のしか読んでない。
そして政治脳を鍛えようと何度もトライして数ページで挫折している『1968年』もずっと未読ポジションをキープしている
ああ
いい加減、読みました!みたいな記事を上げないと。
とここに宣言。
とりあえず寺山だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA