あとはガーってやって

100129_123810.jpg
戯曲完成間近!
なんか思った以上に力入れすぎて夜更かし、風呂抜き、不定期ごはんな二週間でした
反省(´`;)
でも、なかなか人物のフォローというか背景を考えだすとどこまですくいとっていいんだかわからなくなりすごく頭使いました。
自分なりに精一杯向き合いました。
まだまだ至らぬところがあるのでこれから友達に読んでもらってダメ出し受けます。
しかし、とりあえずだ!
来週はレポート提出、試験が待っているがそれが終われば読み放題の日々ですよ。キャッホイ☆
んもぅ禁断症状が…体が活字を欲している。
あと少しがんばります!!

音楽のちからで【長い】

ただ今頭ヒート中
音楽の力でおおらかに
どぞ自己満なんでさらっと流して下さっても結構です。
例のSTROKESを聞く『IZE OF THE WORLD』けだるいボーカル、複雑に構築されたメロディーなによりリリックが、
あ、熱いよ!!
やっぱりカッコイイぜい☆
テリヤキボーイズも聞く。バイリンガルのWISEとVERBALの英語はカッコイイが、日本語ラップがいかんせん残念だな。カニエ・ウエストが後でバッチリ決めてるから更に切ない感。
くるりも聞く。『ロックンロール』名曲じゃないかしら。爽やかですよ岸田さん。爽やか過ぎてはかなさすら匂いますよ。
チャットモンチーも聞く。『腑抜けども~』鑑賞以来崇拝。『世界が終わる夜に』は涙も怒りすら込み上げてくる。頭のギターの入り方とかボーカルとか、嗚呼!君達クールだよ、本当に。
カエラちゃんも聞く。
だいたいカエラは捨て曲ないけど『Butterfly』なんて万人受けをよく歌いあげたよカエラちゃん!前は中高生向けロックばかりだったのに。確実にレベル上がってます。
パフューム『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』相変わらずかわいい。楽しい!踊らせるね。でもちゃんと乙女心なんですよ。
パーフェクトスタイル!!
アジカンも聞く『君という花』アジカンの曲ってサビ行くまでたっぷり時間あるのに飽きさせないからつい最後まで聞いちゃう。サビ行く時は相当のテンションだよ。シャウトだね、後藤さん。
ロックならとビークルも聞いとく。お面の人達です。ちょいちょいある電子音がいい味出してます。なんかにわか英語だけどそれはそれでカッコイイ
そろそろ締めようと、
最後は東京事変の『能動的三分間』珍しくポップです。つか、椎名林檎は本当ミュージシャンだよ。音楽、ビジュアル、センス全部満たしてくれます。今まで英語贔屓だったけど最後に日本語(漢字?)と英語を饒舌に使えている林檎嬢に脱帽。
さて、今度は自分頑張ろ

決して逃げてはいない

DVC00210.jpg
昨夜
走っていたら某ドラッグストアで別の友人と遭遇
なんだかんだで、積もる話でご飯を食しに☆
お好み焼きを焼いたり
友人両親のラブストーリーを聞いたり満腹でした。
作業はまだ終わってなかったけど峠は越えたから
決して逃げてはいないです。

充電

DVC00192.jpg
絶賛絶不調中
ここに来て自信喪失
どこへ行く誇大妄想
いろいろ治そうと『溺れるナイフ』新刊を読む。
ジョージ朝倉は画力も進化してるし、話の筋があやうくて登場人物が生き生きしやがって、くぅ~尊敬
でも今の戯曲は流れで書いちゃダメだから、反面教師的に参考(‐‐)
わからんでもないさ流れちゃいたいこと。
でもそれにはまだまだ自分至ってないから
転がせきらんから
今は慎重に台詞を吐かせたい
いつか、聞き取れるようないい耳を
よい目を
今はとにかく勉強じゃ…

THESTROKES

100125_183220.jpg
はぁ、
もしかしたら今更なのかもしれないけど、出会ってしまったから。
『THE STROKES』
洋楽に明るい友人に教えてもらい先日TSUTAYAでちゃんとアルバムを借りたんですが…
な、なんだこの和訳
激し過ぎるよ!!!
だいたい和訳って無理矢理感があってダサいんですけど、彼らの歌詞は元々が熱いから和訳に馴染みのない「愚鈍化」とかが出て来ても全然マッチしてるのが、
カッコイイ!!!
あぁ熱いよ!
熱いのにボーカルの声がクールでうっとうしくなくてカッコイイZE☆
(あ、こないだジョーロで子供たちが「『ZE』だって」とK野さんをからかってました)
こういうとき英語が出来たら…と、嘆く。
そういえば
ミュージシャンってすげーんだよな。
と再確認です。
聴覚はもちろん視覚でも迫って来る。はたまた、音は振動でもって骨にまで響くわけで。
そんな、ロックンロールな人生もあるのだけど、
今はとりあえず演劇の利点を探りたいですな。
でも
『ロックンロールな人生』ってなんだ(笑)