ことば~願わくば女性に許されれば男性に~

ゴメンと言えば言うほどに
心は離れていき
面白いを共有したがれば
相手は苦笑い
好きだと言っても
屈折した恋情は伝わらず
痛いと言っても
頭を締め付ける痛みは伝わらない
ましてや
祈りなど届かなかった
言葉に頼り過ぎていて
口を酷使し、ペンを走らせた
それだけじゃ
なんにも変われない
変えられない
それよりも
思わず夕日にこぼした
綺麗…
私の振る舞いへの
叱咤激励
それらは漆黒の闇にキラキラと瞬く星のように自然で素直だ
遠くて伝わりにくい言葉
でも
後から心にしっとりと馴染んでくる
西国の人が言った
『女は耳で恋をするのよ』
でもきっと
それだけじゃない
私たちは日常さえ素敵に出来るの!
耳を心を使えば
それなのに私は
言葉を使うばかりで
もっと猫のように
耳を立てて
口に頼らず
私は行動すべきなんだ
手を振り回さず
足を動かす
しっとりとした言葉
耳を心を使って知る
そうすれば
恥なんて知らずに済むさ
恥なんて知らずに

Re:)

コメントありがとうございます(;_;)
まずはAB型のYou
本当…ありがとな
↑素直に感謝出来ない私。
本当、君は実際学校で会ってるから気をつけてね!!
もうね、手洗いうがいは基本だから☆
って今さら後悔してます…
テストやらレポートやらがんばりましょう(´`;)
そしてO型のお兄やん★
この優しさ…、あなたはファブロンですか?(泣)
まさに言われた通りの症状です…。意外にナイーブな私。余計な流行りにも敏感でした(+_+)
元気になったら一緒に小躍りして下さいね☆

書欲健在

おとといからの腹痛
今日ついに病院に行ってきました
先生ったらあっさり
『感性性胃腸炎』と診断
意外にナイーブな私…
意外な私。で笑う母…
なんだか
病気になってこそ人の優しさがわかるもので、
看護婦さんとか優しいからイチイチ潤んでしまう(:_;)
隣にいたおばあちゃんへの対応すらコッチが泣けてくる(T_T)
だっておばあちゃんすごく申し訳なさそうなんだもの!
もう、
こんなでかい娘が隣でゴメンなさいって感じで
そしたらおばあちゃん救急車で運ばれる展開!!
これは緊迫するよな
と、点滴を打たれて暇な…何もすることのない私はひそかにドキドキ…
しばらくして救急隊の人が来たんですが、
彼らはまず
「こちらの方ですか?」
って私を指して言うんだもん!!
なんだよ~
ちょっと面白いじゃん!
緊張してただけに。
その後も結構抜けてたから「ちょっとしっかり~」ってほくそ笑んでしまいました
まぁこんなかんじで
相変わらず面白いには鼻が利いてしまう石田でした。

母来

090725_000454.jpg
先日知恵熱などとふざけてblogではしゃいでいたら
本気で夏風邪モード
一日にして風邪ヤローの全部を網羅するかのごとく
熱頭痛腹痛吐き気のウェーブメント
しかも、形状ではわかりにくいのが切ない
もう多分死ぬんだなって
そしたら
死んだら何日経って気付かれるんだろう?
すごい臭いがするだろうな
隣人迷惑だろうよ
って考えてしまいました。
しかし、
本当に死を感じてですね
無駄に『感受性』が高くなってしまい…
今朝
那覇で捕まった千葉辺りの事件は感情移入で悲鳴を上げるし、腹痛はひどいし、血液型占いドベだしで…
そんないっぺんに来なくていいよ!!
チマチマチマチマ来いっ!不幸!!
あんまりひどかったんでまたまた母にヘルプですよ
どうやら食中毒の疑いがあるとのことです(苦笑)
ハハハ………
…ハァ…
ちょっと静養しに行きます

岩松節

090723_103836.jpg
文法の本を読む
それで面白い《文の分け方》があったから早速岩松さんの『夏ホテル』の文を使って文法的に分けてみる。
そうすると、
多少なりとも岩松さんの文調の癖がわかりそうな、わかっちゃいけないような(笑)
『夏ホテル』ってば松本幸四郎さん中心の演劇ユニット・シアターナインスで上演されたものです。
この時の稽古のお話を岩松さんから少し耳にしたので観てないけど親近感があります。
で、
岩松さんの文(岩松節!)は優雅かと思えば荒っぽくもあったりする。けどやっぱり上品ていう印象があって、かなり、好みなんです(´`*)
なんか自分がゲスい言葉遣いなだけに…
だから勉強して目指しますよ!岩松節!!

フィーバー

090723_020659.jpg
冷えピタ&マスクで勉強中
風邪じゃないです
知恵熱フィーバーつかエコ志向として冷えピタ使用
保湿のためマスク着です
ただ、本当に知恵熱出そうなぐらい難しいのだ、日本文法。
難しいつか
もう……、えぇやん!!
って今さら文法を勉強する事に疑問すら持ちそう(笑)
まぁ、はまれば面白いんだな★
で、はまったら他のに手が回らないんだな…
では、また。

世界の終わりとエウ゛ァンゲリオン

結局わからずじまいで終わった日食
ちょっとやさぐれて皆既日食に興奮するテレビ中継にも
「ブラウン管越しじゃ伝わんねーよ」
って悪たいついちゃった☆
そんな画面上
一つとても目に付いた事が
それは雲
皆既日食中で辺りが真っ暗になり、リポーターが「雲が白いです」と言ってカメラが雲を捕らえた時、確かに雲は白かったが、私はまず入道雲が出ている“奇妙な夜“にドキリとした。
だって考えてみれば夜に大きな入道雲って存在する?いや、たとえ出ていたとしても見えないんじゃないかな…
だから妙に漂っている入道雲にいくらかの気味の悪さを感じたんです
なんだか、世界の終わりってな具合で…
どんなんだったかというと、
入道雲が小さく…、イヤ、縮まって密度を高めたみたいに存在感たっぷりに見えて、多分昼間に見る時は青空に溶けてるから膨張してて気にならないんだろうけど、日食中だと微妙に暗いから。黒に白って目立つでしょう。ソレに空が反転したみたいに見えて不気味だったのかな…
まぁ不気味だけど絵画みたいで綺麗でした
マグリットの描く雲みたい
でも感想はエウ゛ァのことあんまり知らんけど、
『使徒到来!』
って感じ。
世界の終わり…
まぁ、始まりがあるから終わりはある。
じゃ始まってないと言われたら今は無って事なんだから、どっちにしろ救われないよなぁ
ただ、いいじゃないか
終わりにむかって必死にもがけば。
そして
世界の終わりと言えば村上春樹の『世界の終わりとハードボイルド』を読めばいいじゃないか!
あ、脱線。
こんな私に対し、友人は日食について
「みんなが空を見上げてたと思うと、素敵な日じゃん」
だと。
ラブ&ピースだな★

得ろ話

090721_225444.jpg
深夜
ヤローが集まれば勝手に始まるエロ話
ミスター村田から色々得たらしい蔵原氏と代表
そして温かく後輩たちの成長をじっと静聴する瞳姉さん。
日本の平和ボケを肌で感じる石田でした。