憧れ

DVC00028.jpg
友人がオシャレな煙草をふかしてました
しかも、ケース付き
筋金入りのヘビースモーカー
憧れとは煙草ではなく、煙草ケースを買う、その心
煙草は小さい時憧れて、
「煙草吸って痩せて短く生きてやる!」
などと思ってました
今では考えられん…
ケースを買う心とは?
自分のこだわりにお金をかけれるって事ですよね。
まぁ彼女はバイトしてるからだからなんですが、私はいくら稼いでもケチだから使えないかも
そのわりにつまらんことに使ってしまったり
だから
「私はこうでありたい!」という強い主張に憧れます

流しそうめん

DVC00038.jpg
「コレほしい!」
母親が興奮して見ていた、リアル流しそうめん器
これで家族の団欒をはかるようです。
そういえば一家団欒って最近の文化らしいんですよ。
日本史の資料見てたら昔は家長が上座として序列で並び食べていたらしいです。
ちゃぶ台は近々の文化
まさに三丁目の夕日
でも、私達から見たら近々のちゃぶ台はもう過去の文化であり懐かしむ事は当たり前だと思うんですね。
そこに
「一家団欒とか明治維新からの文化ですからね。日本人の昔からの精神なんて思う事自体お門違いですよ」
と言われても、その事を覚えている日本人がいくらいるだろう
大体の人は『ちゃぶ台=古きよき時代』と刷り込まれているから、私はイメージを優先すべきだと思うのですよね。
なんか、それは非常に危険な考えかもしれない…だって事実をひねって提示することだから
例えば…
極端な話『女は地図が読めない』という諸説がある
でも私は自慢じゃないけど地図読むの得意です。
そして、ウチの代表、大迫氏は抜群に方向オンチです。
そういうイメージがある中で
女「なにしてんのよ!」
男「あれれ、ここがこうで右に曲がって、んん?」
女「もう!ホンット方向オンチね!」
みたいのがあったら何となく『腑に落ちない』かんじがするんですよね。
女が「男のくせに」とか足したり、男女が逆なら『わかる、わかる』ってなるんでしょうが…
んー例がイマイチでしたね(笑)
つまり、固定観念を利用した方が相手にイメージを伝えやすいと思うんです。
利用、または裏切る。
「九州出身だからラーメンはトンコツが好き」
な訳ないですね
つか、私はラーメンよりうどんです。
それを利用した方が伝わったり、裏切って笑わせることもできる
だから、この『固定観念』を私はポジティブに見ていきたいです。
長々とすみませんね。

▲経過報告▼

DVC00020.jpg
昼に歩いたらグミの木見つけました!
食べれたらさぞいいよなぁとヨダレを垂らす石田です。
ヨダレだらだらですけど、
ちゃんとダイエットしてますよ!
じゃ経過報告★
(ドラムロール)
マイナス2,3㌔です!
イエーイ
まだまだですけど、頑張ってます

Re:SUI

こちらこそ音信不通でゴメン!
今の君には少なからずリンクしてしまう記事だったのかな?
私が二年前亡くなった愛犬を想って今だに泣けてくるぐらいだから、君はもっと悲しんでるよね…
私達、表現者は、特に、大切な彼らが教えてくれた感情・感触をいつまでも忘れずにいたいものです。
共感してくれてありがとう(^^。)